粘度計は粘土を数値で表すものですが、それらを取り扱っているメーカーはたくさんあります。メーカーによって取り扱っている商品は違いますし、性能にも差があったり使う人の好みによります。目的に応じた物体が装置の中を通る時間や、それらの抵抗の数値を測定することで粘土を計ることができます。様々なメーカーが粘度計を販売していますが、必要な装置も変わってくるので計りたいものや、状況に応じて選ぶことが大切です。有名なメーカーだから良いということでもなく、それぞれの良さがあるので自分に合ったものを選ぶことが基本になります。

用途に合わせて使う粘度計にはどんな種類があるのか

メーカーによって粘度計は色々な種類がありますが、大きく分けて3つのタイプに分類できます。粘度計を買うときによく見かけるのが細管式タイプですが、多くのメーカーはこのタイプを取り扱っています。サンプルを細い管の中に通しながら、流れていく時間と管の両端にかかっている圧力の差を計算して数値を出していきます。歴史も古い細管式タイプですが比較的安く購入することができ、精密度もそれなりに高いので人気があります。
そのほかには落球式がありますがガラス館の中に、測定したいサンプルを満たした上で、球体を入れて落下する状況を見ます。球体の抵抗や速度などを測定しながら粘土を確認することができ、メーカーでも取り扱いがあります。このメリットは方法に対して失敗しても、ガラス管をひっくり返すことで再測定ができる気軽さがあるところです。装置自体もコンパクトなので、場所をとりませんし持ち運びにも向いています。
回転式はサンプルを用意して、粘度計の部品を回転させてその抵抗により測定することができます。色々なタイプの装置がメーカーから販売されているので、自分が使いやすいものをサンプルに合わせて用意することが大切です。

応用がきく粘度計を取り扱っているメーカーは

色々な粘度計がありますがその中でスタンダードなものとして、回転式のものが広く使われています。回転体の形によりB型と呼ばれる、単一円筒型回転式粘度計もありますが、二重円筒型やE型のコーンプレート型も存在します。回る数を変えることで測定するサンプルに与えられる流れが変わるので、非ニュートン流体物質にも利用が可能です。構造もシンプルなので初めての人でも操作しやすく、測定できる範囲も広いのでこれを持っておくだけで様々なものの粘土が計れます。回転式を取り扱っているメーカーは多いですが、簡単な実験を始め精密実験まで状況に合わせて対応することができます。
粘度計といえば回転式と言われるほど主流になっていて、この形式に力を入れているメーカーが人気です。サンプルの粘土を知りたい場合は、回転式のものを選んだ方が機能的で末長く使えますし、応用ができるのでメーカーに相談することができます。さらにシェア率も高いので質の良い製品を選ぶ幅も広くなり、料金面でもリーズナブルなものがあります。用途にあった粘度計のメーカーを選ぶことで、さまざまなサンプルに応用が可能で、様々な種類の粘度計を所持する必要もないです。

粘度計のメーカーの選び方

メーカーによって同じタイプの粘度計でも、ちょっとした使い方や形状が異なりますが、現在使われているのは回転式のものが多いです。やすいアナログ式もあれば、かなり細部までこだわった数値まで測定できるデジタル式まで揃っています。様々な種類のものが現在は取り扱われていますが、回転式が粘度計の代表と認識している人も少なくありません。
測定できるサンプルが多いく使い勝手も良いのですが、本体が大きくて持ち運びがしにくいというデメリットもあります。場所を変えて測定する場合持ち歩く必要がありますが、かさばるので他のタイプをメーカーから探すこともできます。特に付属品が多く価格も高価なものが多いので、室内でニュートン流体だけを測定したい人であれば細管式の方が扱いやすいです。細管式は回転式よりもコンパクトな作りなので、持ち運びにも支障がないですし、性能も良いところが魅力になります。さらにメーカー側の選び方として、アフターケアをサービスとして行なっているかどうかも確認します。
粘度計は基本的に手入れをしっかりと行わなければ、正確な測定結果を望むことができないためです。細管式の場合は作りがシンプルでお手入れもしやすいところが利点ですが、回転式は付属品も多いため手入れにも力を入れる必要があります。

まとめ

粘度計は種類や使う場面などによって選び方が変わりますが、それらを取り扱っているメーカーも慎重に選ぶ必要があります。特に購入した後もアフターケアを行なっているメーカーは良心的で、故障などをした時に対応してくれるかが問題です。手入れなどをすることで粘度計は末長く使うことができ、壊れにくくもなるためメーカー選びは大切です。たくさんのサンプルを検査する必要があるときは、簡易粘度計の方が使いやすいケースもあります。値段や性能だけを見て判断するのではなく、メーカー選びも合わせてトータルで判断することになります。

PRサイト
粘土計をどこのメーカー製にしようか迷っている方へ
使いやすい粘土計を多数そろえております