中東のニュースを見たときに膿皮症の犬が映っていた

中東では豚などタブーとされる動物がいますが、その一つに犬も含まれます。
日本では考えられませんが、中東では忌み嫌われる存在なのです。
ある日中東のニュースを見ていたら、野良らしき犬が映っていました。
大抵は野良なので特に珍しい光景ではないのですが、少し気になったのが皮膚が剥き出しで爛れているようでした。
誰かが飼っているわけではなく、不衛生な場所で生活しているせいで膿皮症になってしまったと思われます。
命に関わるような病気ではないようですが、とても痒いらしいので可哀想です。
日本だったらすぐに治療する病気ですが、
文化の違いで扱いが全く異なるためこのような膿皮症の犬がその辺をウロウロしているのも、
ごく当たり前の日常なのかもしれません。

Leave a Reply